統合保育とは、「特別な配慮や支援の必要な子どもたちと共に園生活を過ごすこと」。

開園以来自然な形で、様々な発達の子どもたちの入園があり、1972年より共に生活することの意味を園として提唱し、統合保育を明確に園の方針のひとつとして打ち出しました。

理念


初めて社会に出会う子どもたちは全員が特別支援の対象であり、子ども自身が支援を必要としたとき、特別支援を行う。
子どもの発達が求める事を、可能な限り実現するために人と時間を惜しまない。

ねらい

  • 子どもの今の発達を成育過程を辿り、把握し、担任・保護者と共有確認する。
  • 子ども同士の関わりを重視する。
  • 各立場での考え方、今の課題、子どもの本質について話し合い、新たな広がりを模索する。

実践

  • 担任との連携(れんらく帳・電話)
  • 定期的な保護者との話し合い(日常の生活のビデオを通して、次の目標や方向性を共有していく)
  • カリキュラムの充実(幅広い発達に対する魔法の力)

統合保育における園の役割

  • 幼稚園は子どもの世界。同じ時代を共に生き抜いて行く仲間として、子ども同士が育ち合う社会である。
  • 幼稚園は関わり合いの中で折り合いをつけ、高め合い、笑い合い、育ち合う幼児期の教育を保障するところである。
  • みんなの中でみんなと共に自分を自由に表現していく社会を目指したい。

ホームへ